賃貸オフィスのメリット

賃貸オフィスの大きなメリットとして挙げられるのが、物件のメンテナンスを物件オーナーに任せられる点です。賃貸オフィスは利用者の所有物として扱われないため、固定資産税を支払う必要もありません。面倒な手続きを行う必要がないため、賃貸オフィスの管理はオフィス内の掃除だけで済みます。

さらに賃貸オフィスには気軽に引越しできるというメリットもあります。賃貸なら支払う費用は利用した月の家賃や水道光熱費のみ。利用を終了した後は費用を請求されることはないので、移転が必要になった時にいつでも気軽にオフィスの移転が可能です。オフィス用の物件を購入した場合には、一括払いした物件の購入費用の金額分オフィスを利用する前に移転が必要となる危険性が考えられます。賃貸オフィスなら短期間だけ利用することもできるので、頻繁にオフィスを移転することが予想される場合は賃貸オフィスを利用するのがおすすめです。

賃貸オフィスのデメリット

賃貸オフィスには、毎月家賃を支払い続けなければいけないというデメリットがあります。賃貸オフィスを利用している間ずっと家賃を支払う必要があるため、利用期間によっては物件を購入した場合よりも費用がかかってしまうことがあるのです。長期間オフィスとして利用する物件が必要な場合には、オフィス用の物件を購入することをおすすめします。

また賃貸オフィスを利用する場合には、壁の撤去や電話回線の追加などオフィス内の環境を変化させづらいデメリットもあります。一方自分でビルを購入してオフィスとして利用すると、オフィス内に従業員限定で使用できるカフェを作ることも可能です。

港区で賃貸事務所を契約した場合、多くの物件は家賃と共益費のみでメンテナンス費用が不要というメリットがあります。