北海道の物件の特徴「水落とし」

賃貸住宅を選ぶときにチェックしたいポイントの1つが地域環境に合った物件かどうかという点です。特に北海道は日本で最も厳しい寒冷地。物件にはほかの地域と少し違う特徴があります。その代表的なものが「水落とし」です。北海道で賃貸住宅を選ぶ際にはまず「水落とし」をチェックしてください。北海道の冬季は常に氷点下。暖房を切ると、室内温度はすぐに外気温と変わらなくなります。冷えは水道管にまで伝わり中の水を凍らせ、水道が使えなくなったり、パイプが破損したりといったトラブルの原因に。そのため、北海道では水道管の中の水を抜く「水落とし」あるいは「水抜き」と呼ばれる設備があります。「水落とし」の設備位置や使い方は物件によって異なるので、物件選びの際にしっかりとチェックしておきましょう。

暖房器具とガスも要チェック

北海道は冬場のエネルギー消費量が多い地域です。ほとんどが暖房に利用されています。使われている暖房器具は「石油」もしくは「ガス」が主流です。電気ヒーターの類はメインの暖房としてはあまり用いられていません。賃貸物件を探すときには、どのような種類の暖房が用意されているか、よくチェックしておきましょう。特にガス暖房は注意が必要です。北海道のガス事情は東京などの都市圏とは異なります。札幌であっても、LPガスと都市ガスの利用が半々です。LPガスは会社によって料金が異なるため都市ガスの方が人気は高いようです。暖房だけでなく給湯やコンロなどの生活インフラに関わることです。よく契約内容を確認して物件を選ぶようにしましょう。ただし、近頃ではLPガスの利用料金や契約料気が低下してきています。

釧路の賃貸物件を探すときには、ネットの不動産サイトで比較すると、自宅にいながら希望する住居を見つけられる可能性があります。