どうしても賃料で見てしまう

賃貸住宅選びをする際には、まず家賃が気になるという人が大半ではないでしょうか。たしかに自分の給料の身の丈を超えるような家賃の住宅に住むのは良くありません。特に節約してお金を貯めたい場合には、自分の理想とする家賃のワンランク下の賃料の物件を探すこともあるでしょう。たしかに家賃は安いに越したことはありません。しかし、安かろう悪かろうという言葉があるように、安い分には何かしら理由がある場合が多いのです。例えば、事故物件の場合には周辺の相場よりも安く住むことも可能です。心理的瑕疵を気にしない人であれば、事故物件はお手頃価格でそれ相応の立地の物件に住むことも可能です。

賃貸住宅も立地が大事

不動産は1に立地、2に立地と言われます。それくらい立地は大切な要素なのです。家賃以外では駅からの距離や周辺環境で選ぶこともあります。スーパーやコンビニがあるかどうか、病院や図書館、100円ショップなどの便利な店が近所にあれば便利です。それ以外にも注意点として、悪臭を放つような工場や、反社会的な事務所がないかどうかも調べておきたいものです。また、台風などで被害を受けた経験の有無などもリサーチしておきましょう。特に築古の物件であれば、台風被害を被ることも考えられます。万が一そのような被害にあったときに、大切な家財道具が被害を受ける可能性もあります。そのような万が一に備えて、賃貸物件の借主が加入する「家財保険」に加入しておくのも一つの方法です。

一番安い恵庭の賃貸アパートなら、家賃4万円くらいで契約できます。賃貸マンションになると家賃相場は5万円以上です。