夫婦2人暮らしに向いている間取り

子供のいない夫婦2人暮らしの場合、家を建てるにあたって人気の間取りは2LDKです。仲が良いとは言えども、やはりお互いプライベートを守れる部屋は欲しいものです。リビングとは別にそれぞれが過ごせる空間があることで、程よい距離感を保ちながら過ごすことができるでしょう。自分たちらしい家を造るには、例えば趣味の部屋を作るのも素敵です。ビルトインガレージにすれば、旦那さんの趣味のアウトドア用品やバイクなどを置くことも可能です。また、老後のことも考えて階段のない平屋設計にする夫婦も見られます。1フロアの平屋の間取りは開放感があり、コミュニケーションも取りやすいです。

子供がいるファミリーに適した間取りのポイント

子供がいる家庭であれば、部屋数をたくさん作らなければなりません。子供部屋においては、初めは広い間取りで1部屋作っておいて成長に合わせて仕切るという手もあります。子供が小さい場合は、キッチンからリビングを見渡せるような間取り作りがおすすめです。子供が走り回っていても、料理しながら見守ることができます。また洗面所や浴室に関しては、親子で使うことも多いでしょう。できるだけ広めに取っておけば利用しやすいです。

ストレスを緩和する二世帯住宅の間取り

二世帯で住む場合、各世帯の希望を取り入れた間取りにすることがポイントです。共用の広めのリビングを作ると共に、1階と2階の居室や寝室スペースはきちんと分けます。共用廊下からもスムーズに動ける導線作りも大切です。面積的に作ることができる部屋数に限りがあるならば、居室と寝室を兼ねた部屋にする手もあります。奥さんがキッチンにこだわり、お母さんが和室にこだわるといったように双方が満足できる家が理想です。

3000万の家は木造住宅で全国でも標準的な家を建築できます。一般的に3、4人向けのファミリー向けの4LDK程度の家を建築できるでしょう。30坪から40坪ほどの敷地が必要ですが、2世帯住宅も可能です。