最適な立地を選ぶコツ

賃貸オフィスを選ぶ時は、立地やアクセスは重要なポイントです。特定の業種が集まっているエリアであれば、販路の拡大や業務の効率化も図ることが期待されます。車での移動や来客が多い場合は駐車場があることも必須です。最寄駅から近くアクセスのよい場所であれば通勤にも便利です。しかし、来客も少なく外出もしないのであれば、特定の業種が集中するエリアやアクセスの良さにこだわらなくても良いかもしれません。駅から遠い場所や住宅地などの物件なら賃料を抑えられるケースもあります。

見逃しがちな共有部分も要チェック

賃貸オフィスを借りる時は、立地や外観、オフィス内の様子に目が行きがちですが、ストレスなく働くためにもビルの共有部分も見逃さずにチェックしましょう。エントランスの清潔感は保たれているか、エレベーターの数は入居しているテナントの数に見合っているか、壁や床に傷がないかなど、建物全体の管理が行き届いているかどうかを確認することが大切です。また、空調設備はコストに関わる部分なので、どのような空調設備なのか把握しておきましょう。

不動産業者の非公開物件をチェック

賃貸オフィスは不動産業者を仲介して借りる方がほとんどではないでしょうか。不動産業者では公開している物件以外に、オーナーの意向などで非公開の物件を保有している場合があります。広さや立地条件など、譲れないポイントを明確にしておくことも賃貸オフィスを選ぶ時には大切です。しかし、ネット上で探していても希望の条件に合う良い物件が見つからない場合もあるでしょう。そのような時には非公開物件を持つ不動産業者に問い合わせてみるのもおすすめです。

中央区というと、土地単価がとても高く賃貸物件の家賃も高額になりやすいです。そのため中央区で賃貸オフィスを借りる場合は、いくつもの賃貸物件の家賃等を比較することが大切です。