部外者は共用玄関より奥には入れない

オートロックとは、集合住宅の共用玄関のドアを鍵や暗証番号を使って開錠する機能のことです。基本的に居住者しか入れないシステムになので、空き巣に入られるリスクも低く、訪問セールスに対してもインターホン越しに対応すれば済むでしょう。そのため、防犯意識の高い人や一人暮らしの女性の間で大きな需要がある訳です。しかしセキュリティが優れていると言っても、絶対に安全ということはあり得ません。実際、共用玄関の出入りの激しい集合住宅では、居住者がロックを解除した隙を狙って、その後を追って部外者が中に侵入する事例が多発しているのです。また暗証番号を盗み見たり、不正に複製した集合キーを使って侵入するケースもあります。過去には扉の外から紙などを差し込んで、内側のセンサーを誤作動させ、オートロックを開錠させた事例もありました。

塀を乗り越えたり、非常口から侵入する可能性も

その他にも共用玄関からではなく、住宅の周囲の塀を乗り越えて来る侵入者もいるでしょう。いくらエントランスにオートロックが備わっていても、塀の低い物件では安心できません。勝手口や非常口も要注意です。仮にこれらの出入り口が無施錠なら、簡単に入って来れますからね。最近はメインエントランスの他に、各フロアやエレベータホールにもオートロックを付けるなど、より防犯機能を高めた集合住宅も登場していますが、過信は禁物です。オートロック機能付きの賃貸物件であっても、共用玄関以外に部外者の侵入経路になりそうな場所がないか、念入りに確認するようにして下さい。

苫小牧の賃貸マンションを探しているなら、地域密着型の不動産会社が便利です。家賃3万円以下で借りられるものもあります。